ルームシェアは金銭的なメリットがありますが、人間関係の気まずさを感じることがあるようです。

MENU

ルームシェアって実際どうなの?メリット・デメリット

 

2人で並ぶ女性

 

ルームシェア」はもともと海外の文化でしたが、最近ではテレビ番組のテーマになったり、雑誌で取り上げられたりすることが増え、日本でも興味を持つ人が増えてきています。

 

誰かと暮らすのが楽しそう!」と思っても、実際のところ良いことばかりなのか、気になりますよね。
今回は最近流行の「ルームシェア」について、そのメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

意外と多い!ルームシェアのメリット

 

安い負担額で都心部に住める

ルームシェアは1部屋の家賃を人数分で割って負担するのが普通です。この「割り勘」制度のおかげで、家賃15万円の3LDKの賃貸マンションでも、3人で住めば1人5万円に!憧れの都心部での生活が手に入るかもしれません。

 

話し相手がいる安心感

ルームシェアをしている人たちは、各自のプライベートスペースと共用スペースを上手に使い分けています。リビングなどの共有スペースでは、平日夜や休日に同居人同士で食事を楽しむことも。
仕事で疲れて帰ってきても、家に誰かがいると心が和みますよね。悩みを相談できるのもうれしいポイントです。

 

 

目をつぶればへっちゃら?!知っておきたいデメリット

 

一人になれない

いつも話し相手がいるというメリットの反面、どんな時でも一人になれないというデメリットが。
誰にだってそっとしておいて欲しい時はありますから、「今日は一人になりたい」ときちんと伝えることが大切です。

 

喧嘩したら居心地悪い

もしルームメイトと喧嘩をしてしまったら…かなり居心地が悪くなり、仲直りするまではルームシェアが苦痛でしかないでしょう。そうならないためにも、普段から言いたいことを伝えるようにすると良いですよ。

 

彼氏を気軽に連れて来れない

共通の知人ならまだしも、彼氏となると気軽にルームシェアの自宅には連れて来れません。
たまには自分の家でゆっくり過ごしたいのに…と思い始めたら、退去の時期かもしれませんね。