お礼的な意味合いの礼金は、大家さん次第で0にしてもらえることがあります。

MENU

不動産屋によって同じ物件でも初期費用が違う!

 

物件を契約する時に必要な初期費用は、不動産屋によって金額が変わることがあります。礼金や手数料を交渉してお得に契約しましょう。

 

初期費用って?

アパートやマンション、一戸建てなど、住居を借りる際に必要になるのが「初期費用」です。初期費用は、敷金・礼金、仲介手数料のほか、前家賃や住宅家財保険などが含まれます。

 

敷金や礼金、仲介手数料などは、大抵「家賃×何か月分」で計算するので、家賃が高ければ高いほど初期費用も高額になります。保険は安いもので2万円くらいです。

 

同じ物件でも金額が違う?

 

交渉する男性

同じ物件なのに、不動産屋によって初期費用が違うことがあります。

 

初期費用は交渉次第で減額することが可能だからです。担当してもらった不動産屋が好意的だと、いろいろと金額の相談に乗ってくれるかもしれません。

 

特に礼金は「お礼」的な意味合いのものなので、大家さん次第で「0」にしてもらえることも。
また、仲介手数料は自社物件を探すか、大家さんが直接貸しに出している物件を探せば支払わなくてすみます。

 

初期費用を下げるコツ

では、どのようにしたら初期費用を下げることができるのでしょうか。
実はちょっとしたコツがあります。

 

そのタイミングは内覧後です。部屋を内覧した後、不動産屋は早く契約をして欲しくて決断を急がせるでしょう。その時に、すぐに契約に進まないのがコツです。

 

少し悩んで、「もう少し初期費用が安くなれば今すぐにでも契約したいんですが…」と伝えてみてください。
不動産屋は「分かりました。後ほどご連絡します」と言い、大概は「大家さんに確認したところ、今回は特別礼金は要らないそうです」などと交渉に応じてくれることが多いです。

 

敷金は退去時に原状回復のために必要になる費用なので、どこでも最低1カ月分は支払うのが普通です。ですが、「どうしても初期費用を抑えたい」と相談すれば、敷金を省いてくれる場合もあります。その際注意しなければならないのが、退去時の請求額です。敷金を支払っていれば、退去時のクリーニング代はそこから捻出される、もしくは差額を払うだけですみますが、最初に払っていなければ退去時に全額請求がくる、ということだけは覚えておきましょう。